抵当権抹消のこと

住宅ローンを返し終えてホッとしていませんか?最後の一仕事が残っています。住宅ローンを組んだ際に設定した抵当権を抹消する登記をする必要があります。住宅ローンを完済すると、金融機関から抵当権を抹消する書類が一式送られてきます。その書類により抵当権を抹消することができます。住宅ローンを完済したら、速やかに抵当権を抹消することをおすすめします。まずは、お気軽にご相談ください。

抵当権抹消の手続きは、自分でできますか?

抵当権の抹消は、司法書士に依頼せずに自分でできますか?という質問をよくされます。

結論的には、抵当権の抹消だけであれば、自分で抵当権の抹消をすることは可能です。

但し、初めて登記をされる方にとっては、やはり登記独特の申請方法がありますので、一回で完了に至ることは難しく、完了までには何度か法務局に足を運んでいただくことになるかもしれません。

なお、抵当権の抹消だけであれば、自分で手続きをすることもまだ比較的ハードルは低いかもしれませんが、抵当権の抹消とは別に所有者の住所が変わっている場合や、金融機関が合併している場合には、それらの登記を抵当権抹消の登記をする前に申請する必要があります。このような場合には、自分で手続きを進めるには、かなりハードルが高くなるかもしれません。

抵当権抹消については、司法書士に依頼することをお勧めします。

抵当権を抹消するのに期限はありますか?

結論的には、抵当権を抹消しなければいけない期限といったものは定められていません。

また、抵当権を抹消してもしなくても、融資を完済した時点で抵当権の効力は法律上なくなってしまうので、必ずしもすぐに抹消しなければいけない訳ではありません。

しかし、今後その不動産を売却したり、新たな融資を受ける予定があるのであれば、速やかに抵当権を抹消しておく必要があります。

また、抵当権を抹消していない場合に次のような問題が発生することがありますので、金融機関から抹消書類を受け取ったときには、速やかに手続きを行うことをおすすめします。

抵当権を抹消しないデメリットとは?

  1. 抵当権を抹消していないと、不動産を売却したい場合や融資を受けたい場合、すぐに手続きをすすめることができない。
  2. 長い期間放置しておくと、金融機関から届いた抹消書類を紛失してしまう恐れがあり、その場合、金融機関から抹消書類の再発行を受ける必要があるため、手続きに時間がかかる。
  3. 長い期間放置しておくと、金融機関の代表者が代わったり、金融機関自体が合併する場合があるため、このような場合自分で手続きをすることが難しくなる。
  4. 抵当権を抹消するために別途費用が必要となる場合がある。

抹消書類を紛失した場合どうすればいいですか?

抵当権の抹消書類を紛失してしまった場合、このままでは抹消手続きを進めることはできないため、金融機関に対して抹消書類の再発行を依頼することになります。

なお、抹消書類の中には、抵当権を設定した際の権利証(登記識別情報)があり、もし権利証(登記識別情報)を紛失してしまった場合には、一般的な手続きでは、抵当権を抹消することはできません。

よくわらかない場合には、当事務所ですべて手続きを行いますので、お気軽にご相談ください。

ご相談は、奈良県香芝市の松井司法書士事務所へ

奈良県香芝市の松井司法書士事務所です。
当事務所では、ホームページを見てお問い合わせ頂いたお客様からのご依頼を大切にしています。
すべてのご相談に司法書士松井睦人が直接ご対応致しますので、安心してご相談下さい。なお、ご相談は完全予約制ですので、お越しになる際は必ずご予約ください。

ご相談のご予約は、

0745-27-4697

までお電話いただくか、

をご覧ください。