司法書士の松井です。 先日、最高裁判例(平成28年12月19日)において重要な判断がなされました。 これまでの判例では、相続財産中に預貯金がある場合、 「相続財産中に可分債権があるときは,その債権は、相続開始と同時に当然 […]