司法書士の松井です。

換地処分があった土地の所有権を移転する場合、どの権利証(登記識別情報)を添付すべきでしょうか?

換地処分のパターン

1.従前の土地が1筆(A)で、換地処分により、他の土地1筆(B)が割り当てられる場合。
2.従前の土地が1筆(C)で、換地処分により、他の土地2筆(D・E)が割り当てられる場合。
3.従前の土地が2筆(F・G)で、換地処分により、他の土地1筆(H)が割り当てられる場合。

表題部「原因及びその日付」欄の記載について

1.「平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分」 と記載されます。
2.「平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分 他の換地○○番」と記載されます。
3.「平成○年○月○日 土地区画整理法による換地処分 他の従前の土地○○番」と記載されます。
※表題部には、この様な記載がされるので、1~3のどのパターンにあたるのかをこの記載により検討しましょう。

どの権利証(登記識別情報)を添付することになるのか?

1.換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)は発行されないため、従前の土地(A)の権利証(登記識別情報)を添付します。
2.換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)は発行されないため、従前の土地(C)の権利証(登記識別情報)を添付しますs。
3.換地処分により、新たな権利証(登記識別情報)が発行されるため、その権利証(登記識別情報)を添付します。
※つまり、3の場合は、合筆登記があった場合と同じように考えます。
※合筆登記があった場合と同じように、従前の土地(F・G)のすべての権利証(登記識別情報)を添付することも可能です。